Vゾーンの脱毛で人気の形は?

アンダーヘアは、普段は他の人から見られることもないので伸ばしたままにしているという人もいるかもしれません。しかし、温泉に行った時やデートの時などに見られた時には、全く手入れをしていない状態に驚かれてしまう可能性もあります。身だしなみとして近年ではアンダーヘアの手入れをしている人も増えており、Vゾーンになればショーツや水着からもはみ出してしまうこともあります。手軽な除毛で処理をする方法もありますが、いつでもムダ毛の心配なく安心して過ごせるように、脱毛で処理しておくといいでしょう。
脱毛サロンの光脱毛では、二ヶ月から三ヶ月に一度のペースで施術を受けて行けば、次第に生えにくくなるという効果を得ることができます。脱毛が完了してしまえばこれから先の手入れの必要がなくなるのでとても便利な方法であり、光の照射後には肌の手入れもしてもらえるのでキレイな肌を作ることにも役立ちます。
Vゾーンは、皮膚が薄くてデリケートな部分でもあります。自己処理によって剃ったり毛抜きで抜いたりといった処理を行うことによって、肌トラブルも発生しやすくなっています。埋没毛になってしまったり肌が硬化してしまえば、いかにも自分で処理をしたという汚い状態になってしまいがちなので、脱毛サロンなどできれいに処理してもらった方が安心です。
脱毛サロンでは、アンダーヘアの処理をV、I、Oと部位分けをして受けることができます。VIOラインの全てをすっきりと処理してしまうハイジニーナで利用されることもありますが、人気があるのがIラインとOラインはつるつるにしてVラインは自然な形に残されています。
Vラインは恥骨から上の逆三角形をしたエリアであり、形を整える程度にして利用される他にも、角度を調整したり四角や楕円、ハートや星などのデザインをすることもできます。どの店舗で脱毛施術を受けるとしても、前日もしくは前々日には自分でシェービング処理をしておく必要があるのですが、ここで自分の好みに合わせて剃っておくようにします。左右対称のデザインであれば、時分ではうまくいかずに非対称になってしまうこともあるのですが、サロンのスタッフが微調整をして美しく仕上げてもらうことができるので安心です。

3年ほど前に横浜に住んでいた頃、銀行で働き始めて2年目だったんですがみんな周りの女子は脱毛に行ってて焦ったのを覚えています。
横浜は東京にも劣らないぐらい脱毛サロンが沢山あって随分迷ってしまったんですよね。でも、ネットですごくわかりやすいサイトを見つけてそこから予約しました。

まぁこのブログは大阪のことを中心に書いているのですが、サロン選びにには参考になるかと思いますので、リンク載せときますね!
特に横浜でVIO脱毛で人気のサロンを探すならおすすめですよ~!

1回の脱毛にかかる時間はどのくらい?

脱毛が完了するまでの期間は個人差がありますし、施術を行う部位や使用しているマシンによっても異なってきます。毛質や毛量は人によって異なっていますが、当然毛深い人の方が回数が多くなるでしょう。ちなみに、全国チェーンのエステサロンでは使用しているマシンの出力が低めに設定されていることが多いです。痛みが不安な人もいるかもしれませんが、その場合はマシンの出力を下げてもらう必要があるでしょう。しかし、マシンの出力を下げることで完了までの回数が多くなってしまいます。ムダ毛には毛周期というものがあり、成長期と退行期、休止期というサイクルによって伸びたり抜けたりを繰り返しています。施術の効果を期待できるのは成長期のムダ毛のみであり、他の時期のムダ毛に対して施術をしても意味がないということです。また、休止期に入っているムダ毛などもありますし、1度の施術で全て無くすことはできないでしょう。多くのエステサロンは2~3ヵ月に1回のペースで通うようになっていますが、これは毛周期が関係しているということです。施術に必要な回数や通うペースは部位によって異なっていることもありますし、カウンセリングの時に聞いてみると良いでしょう。必要な回数には個人差もありますが、1回だけで完了するわけではありませんし、10回程度で完了することが多いです。また、ムダ毛が濃い場合はさらに時間がかかってしまうこともありますし、自己処理でムダ毛を抜いていた人なども長く通う必要があるでしょう。そのため自己処理はできるだけすぐにやめた方が良いのです。自己処理が楽になる程度で良いという人もいるかもしれませんが、完全にムダ毛が無くなるまで脱毛をしたいという人もいるでしょう。完全にムダ毛を無くすまでの期間については個人差もあります。一般的には10回以上通うことになるでしょう。脱毛1回あたりの施術時間は部位によって異なってくるのですが、小さいマシンを使っている場合は狭い範囲でも10分程度かかってくるということです。また、全身脱毛をする場合はかなり時間がかかってしまうため、1回の来店で全身の施術を行うのではなく、いくつかのパーツに分けて施術を行うことが一般的です。しかし、パーツを分けて脱毛を行うとかなり来店の手間がかかります。

VIO脱毛するメリットとは?

VIO脱毛のメリットは、下着や水着を綺麗に着る事が出来る、男性に対して自信を持てる、常に清潔な状態を保てるという事です。
生えている毛をそのままにしておくと、下着や水着を着た時にはみ出てしまう心配があるだけでなく、そのシルエットも悪くなってしまいます。
ですが、脱毛をしておけば、毛のはみ出しの心配がなくなるだけでなく、シルエットもとても美しい状態へと変わります。
デリケートゾーンは毛が生えているものと考える人は少なくありませんが、男性から見ると、その毛の生え方によっては印象が悪くなってしまう事も少なくありません。
しっかりと手入れをしておいて欲しいと考える男性も少なくありません。
ただ、自ら手入れをする事が難しい部位でもある為、男性に対して自信を持てる状態でいたいと考えるのであれば、VIO脱毛を考えておく事がおすすめです。
更に、デリケートゾーンの毛というのは、その毛に経血やおりものを絡めてしまう為、蒸れやかゆみの原因となってしまいます。
生理中に、デリケートゾーンの蒸れや痒みに悩まされているのであれば、VIO脱毛をするだけで、その悩みを軽減させる事が出来ます。
更に、毛が生えた状態よりも、毛が生えていない状態の方が風通しが良く、デリケートゾーンを常に清潔に保ちやすくなります。
海外では、見た目を良くする為ではなく、衛生面を考えてVIO脱毛をするという人が多くなっています。
ただ、施術の姿勢等を考えると、恥ずかしいのではないかと考えてしまう人は少なくありません。
確かに、最初は多少の恥ずかしさを感じる事になりますが、施術を行うのは同性のプロが殆どです。
ですから、すぐに慣れる事になります。
VIO脱毛に少しでも興味があるのであれば、施術を受けておいて損はありません。

VIO脱毛の範囲、詳しく知りたい!

VIO脱毛は、簡単に書くと女性のデリケートゾーンの部分の脱毛のことを指します。VIOとはデリケートゾーンのうちVライン・Iライン・Oラインを総称して呼ぶ言葉です。
 その範囲については、脱毛サロンによっても若干違ってきます。ただ、大体のところとしてはVラインは下腹部の下のあたりから太ももの付け根の逆三角形の形をとなります。下着を着けたときに、下着の左右の部分からアンダーヘアがはみださない範囲で体毛を除去することになります。
 Iラインは、デリケートゾーンの左右の部分の体毛のことです。Iは女性器の部分を指す言葉であり、女性器の部分そのものに体毛が生えることはありません。ただ、その両側の部分には体毛が生えます。Iラインの部分に体毛が生えると蒸れてきやすくなり、衛生的な面でみた場合にはよくありません。また下着を着けるときにはみ出てしまうことを気にする人もいますので、除去して整えたいと考える人は多いとされます。
 もう一つのOラインとはなにかですが、お尻のほうの肛門の周辺にある体毛のことを指します。こちらも、体毛が生えると衛生面でよくありません。そのため、体毛をきちんと処理をしたいと考える人はある程度いるとされています。
 どうしてVIO脱毛という名称で呼ばれるようになったのかというと、語感のイメージを大事にするという意味合いがあるとはいわれています。ただ、はっきりとしたことまではあまり分かっていません。
 VIO脱毛はハイジニーナ脱毛と呼ぶこともありますが、ハイジニーナ脱毛の場合はVIOと少しだけ意味合いが違っています。この場合は、アンダーヘアの部分をすべて剃って無くすということになります。全てアンダーヘアを剃ることを希望する人も衛生面で清潔にしたいという目的で希望する人はいます。

医療脱毛と光脱毛はなぜ効果に差があるの?

医療機関とエステで行われる脱毛はいずれも光を照射してメラニン色素が多く含まれている毛根に光を吸収させ、発生した熱で毛母細胞にダメージを与えます。毛母細胞は毛の生育を行うため、ダメージを与えることで毛が再生しにくくなります。同じ原理の脱毛方法ですが、使用される装置の出力に違いがあり、これが効果の差に繋がっています。
照射される光は毛根だけでなく、皮膚のメラニン色素にも吸収されるため、皮膚も熱を持ってダメージを受け、加減を間違えれば火傷する危険性もあります。皮膚の状態や強さには個人差がありますが、医療機関であれば診察によって適切な出力に調整できます。また、もしも火傷などのトラブルが起きてしまった場合でもその場ですぐに治療を行えるため、高い出力の装置を使用できます。これにより毛母細胞に高いダメージを与えられ、確実性の高い脱毛を行えます。なお、この装置は医師免許が必要になるため、エステでは使用できません。
エステで使用される装置は出力が落ちるので毛母細胞が受けるダメージが小さくなり、脱毛効果も低くなります。皮膚の受けるダメージも小さくなるので痛みも小さくなりますが、脱毛が完了するまでの期間が長くなってしまうデメリットがあります。1回当たりの費用としてはエステの方が安くなりますが、必要な回数が多くなるため、総額ではエステの方が高くなってしまうケースもあります。
また、エステの脱毛でも十分に効果はありますが、完全には毛の再生を抑えられず、いつまでも毛が生えてきてしまうこともあります。毛の本数は少なくなり、細くなるため目立たなくなります。しかし、少しでも毛の再生が続くのでは満足できず、完全に再生を抑えたい場合には医療機関で脱毛を行った方が良いでしょう。

VIO脱毛を受けたいけど恥ずかしい。どうしたらいいの?

VIOの脱毛をしたいと思っている人はたくさんいらっしゃいますが、デリケートな部分なので人に見られるのが恥ずかしくて、施術を受けるのを躊躇っている方は少なくありません。確かに脱毛サロンのスタッフに見られながらVIO脱毛をされるのは恥ずかしいものですが、スタッフは経験豊富なプロで一日何人ものデリケートゾーンのムダ毛の処理を行っているので、仕事に専念しているだけで何も気にしていません。また個室で施術を受けることができるので周囲の目が全く気にならず、何度か通ううちにすぐ慣れることが多いようです。
実際のところ、デリケートゾーンを隠すために紙でできた専用ショーツをはくのが一般的になっているので、脱毛をしてくれるスタッフにデリケートゾーンが丸見えなる心配はありません。
おへその下部に位置するアンダーヘア、Vラインの施術は、ベッドの上に仰向けの格好で寝ることが多いです。片脚を上げて横にずらすようにし、紙のショーツをはくかタオルを腰から巻いておいて施術を行うスタッフだけにその部分が見えるように少しずつずらしていくので、下腹部が丸見えになることはありません。
Iラインの脱毛も、施術時には紙のショーツをはいたりタオルを巻いて身体を隠したまま基本的には脚をずらしながら行います。ですから、見せたくない部分はほとんど見られることはありません。
お尻の穴の周囲の丸いライン、Oラインの脱毛はうつぶせの状態で行います。スタッフ二人で施術を行い、一人がお尻の周囲の皮膚を広げながら、もう一人が脱毛を行うといったやり方となります。お尻の穴を見られてしまうので恥ずかしいと感じる人もいますが、慣れればそれほどストレスは感じなくなります。最初は恥ずかしいと感じていても、思い切ってやってみれば思っているよりもずっと精神的な負担が少ないことが分かります。

医療脱毛での全身脱毛、相場はどのくらい?

全身脱毛といえば、エステサロンがとても有名です。料金が安くて、月額制というお金の支払いがしやすいシステムがあるのも、多くの人から注目を集めている理由です。
では、クリニックで受けられる医療脱毛が駄目かといえば、そんなことはありません。効果の高い脱毛を受けるなら医療脱毛が一番です。
全身脱毛をクリニックで受けるのなら、相場をまず確認してみましょう。エステサロンだと顔もVIOも全部セットのプランが頻繁に見かけられますが、クリニックの場合だと、顔とVIO脱毛なし、顔なしでVIOはあり、顔もVIOも含むプランに明確に分かれているパターンが目立ちます。
一番安いのが、顔とVIOを含まない脱毛です。施術する面積が狭いためです。これだと26万円~45万円くらいが多くなっています。平均では30万円を少し超えるくらいです。
続いて顔なしでVIOありを見てみると、約33万円~39万円程度です。平均するなら35万円くらいになります。顔もVIOも含むプランが最も高く、39万円~49万円くらいが目立ちます。平均では44万円程度といったところです。中には50万円を超えてくるクリニックもあります。この価格は5回コースを選んだ場合で当てはまりますが、割と価格の幅が広いことがわかるはずです。
これには理由があります。医療脱毛は保険適用の施術ではありませんので、風邪や虫歯の治療とは違って、標準的な治療が用意されていません。クリニックの考え方で自由に施術内容や価格を決められるようになっています。ですが、あまりにも平均価格よりもかけ離れた価格に設定すれば利用者が集まってくれませんから、平均的な相場の範囲内になっていることがほとんどです。
エステサロンの全身脱毛6回分で比べてみると、安いところなら12万円程度、高くても20万円台が目立ちます。クリニックよりもずっとエステサロンの方が安いことがわかります。しかし、エステサロンの6回分ではクリニックの5回分の脱毛効果に届きません。クリニックなら5回でも十分にむだ毛が目立たない状態になる一方で、エステサロンの6回ではむだ毛が薄くなってきたと感じても、まだまだ気になる状態です。
エステサロンでクリニック並みの効果を得るには、倍以上の回数が必要だとされます。ですので、単純に2倍の価格で比べるのがちょうど良いといえるでしょう。
それでもエステサロンの価格の安さに魅力を感じるところですが、クリニックのほうが通う回数が少ないので、交通費がかからないというメリットがあります。交通費も含んだ状態で脱毛の価格を見ると、もっと正確な費用の比較ができるのでおすすめです。
クリニックの脱毛の価格は昔に比べて随分と安くなっており、当時の半額以下でも受けられる水準になっていますから、今がチャンスだといえます。

脱毛に使われるレーザーの種類と特徴

脱毛の施術を考える場合、レーザーや光、ニードル、ワックスといった大まかな呼ばれ方をされていて、それぞれに細かな種類があることまでは考えることがありません。しかし、レーザー脱毛にも色々な種類があって、種類ごとの特徴がありますので、これから施術を受けようと考えている人は覚えておくと良いかもしれません。実際に、専門の施設で施術を受けるのに、行われている施術に対して詳しく知っていないと不安が大きくなりますし、ちょっとしたことで失敗したのではないかと疑ってしまいます。正しく特徴や効果を知れば、初めて受ける場合でも怖くありません。
一番多く利用されているのが、アレキサンドライトレーザーです。有名なのでこの名前を聞いたことがあるという人も多いのではないかと思います。日本人の肌に合うともいわれていますので、何を選んだら良いのかが分からない時にはこの方法が第一選択肢になることも多いようです。大きな特徴としては、メラニン色素への反応が強くないので色白でなくても利用できます。また、素肌を引き締めてくれたりシミや色素沈着を改善する効果もありますので、肌のトラブルに悩む人の解決法となる可能性があります。一点だけ注意しなければならないのは、産毛には反応しにくい脱毛法だということです。産毛のような薄いムダ毛を脱毛したい時には利用できない方法ですので、行える箇所は限られてきます。
次にダイオードレーザーも比較的メジャーです。痛みが小さく肌に優しいのが主な特徴であり、産毛にも効果を発揮します。その施設で導入されている機器によって多少の違いはあるのですが、ほとんどの場合には冷却ガスがついています。冷やすことで痛みを感じにくくなり、肌に与える刺激も小さくなります。照射にかかる時間は短く、一照射あたりの面積が大きいのも注目すべきポイントです。時間のかからない方法ならちょっとした空き時間を利用して受けることができますので、忙しい人でも利用しやすい方法です。
また、ヤグレーザーは最近少しずつ有名になってきていますが、強力な赤外線を出して脱毛していく方法です。多少日焼けをしていても受けられる方法ではありますが、肌の安全を考えるなら施術前の日焼けは厳禁です。元々肌の色が濃くて他の脱毛法では十分な反応を得られなかった人でも満足のいく結果が得られるかもしれませんし、メラニン色素の多い部位でも問題なく処理が行えます。
美容関連の施術は日々進化していますので、より安全で効率が良く効果の高い方法がどんどん開発されています。ただし、効果や痛みの感じ方などは個人差があるものですので、まずはカウンセリングを受けて正しい知識を身につけることが大切です。正しい知識が大切な肌を守ります。