VIO脱毛するメリットとは?

VIO脱毛のメリットは、下着や水着を綺麗に着る事が出来る、男性に対して自信を持てる、常に清潔な状態を保てるという事です。
生えている毛をそのままにしておくと、下着や水着を着た時にはみ出てしまう心配があるだけでなく、そのシルエットも悪くなってしまいます。
ですが、脱毛をしておけば、毛のはみ出しの心配がなくなるだけでなく、シルエットもとても美しい状態へと変わります。
デリケートゾーンは毛が生えているものと考える人は少なくありませんが、男性から見ると、その毛の生え方によっては印象が悪くなってしまう事も少なくありません。
しっかりと手入れをしておいて欲しいと考える男性も少なくありません。
ただ、自ら手入れをする事が難しい部位でもある為、男性に対して自信を持てる状態でいたいと考えるのであれば、VIO脱毛を考えておく事がおすすめです。
更に、デリケートゾーンの毛というのは、その毛に経血やおりものを絡めてしまう為、蒸れやかゆみの原因となってしまいます。
生理中に、デリケートゾーンの蒸れや痒みに悩まされているのであれば、VIO脱毛をするだけで、その悩みを軽減させる事が出来ます。
更に、毛が生えた状態よりも、毛が生えていない状態の方が風通しが良く、デリケートゾーンを常に清潔に保ちやすくなります。
海外では、見た目を良くする為ではなく、衛生面を考えてVIO脱毛をするという人が多くなっています。
ただ、施術の姿勢等を考えると、恥ずかしいのではないかと考えてしまう人は少なくありません。
確かに、最初は多少の恥ずかしさを感じる事になりますが、施術を行うのは同性のプロが殆どです。
ですから、すぐに慣れる事になります。
VIO脱毛に少しでも興味があるのであれば、施術を受けておいて損はありません。

VIO脱毛の範囲、詳しく知りたい!

VIO脱毛は、簡単に書くと女性のデリケートゾーンの部分の脱毛のことを指します。VIOとはデリケートゾーンのうちVライン・Iライン・Oラインを総称して呼ぶ言葉です。
 その範囲については、脱毛サロンによっても若干違ってきます。ただ、大体のところとしてはVラインは下腹部の下のあたりから太ももの付け根の逆三角形の形をとなります。下着を着けたときに、下着の左右の部分からアンダーヘアがはみださない範囲で体毛を除去することになります。
 Iラインは、デリケートゾーンの左右の部分の体毛のことです。Iは女性器の部分を指す言葉であり、女性器の部分そのものに体毛が生えることはありません。ただ、その両側の部分には体毛が生えます。Iラインの部分に体毛が生えると蒸れてきやすくなり、衛生的な面でみた場合にはよくありません。また下着を着けるときにはみ出てしまうことを気にする人もいますので、除去して整えたいと考える人は多いとされます。
 もう一つのOラインとはなにかですが、お尻のほうの肛門の周辺にある体毛のことを指します。こちらも、体毛が生えると衛生面でよくありません。そのため、体毛をきちんと処理をしたいと考える人はある程度いるとされています。
 どうしてVIO脱毛という名称で呼ばれるようになったのかというと、語感のイメージを大事にするという意味合いがあるとはいわれています。ただ、はっきりとしたことまではあまり分かっていません。
 VIO脱毛はハイジニーナ脱毛と呼ぶこともありますが、ハイジニーナ脱毛の場合はVIOと少しだけ意味合いが違っています。この場合は、アンダーヘアの部分をすべて剃って無くすということになります。全てアンダーヘアを剃ることを希望する人も衛生面で清潔にしたいという目的で希望する人はいます。

医療脱毛と光脱毛はなぜ効果に差があるの?

医療機関とエステで行われる脱毛はいずれも光を照射してメラニン色素が多く含まれている毛根に光を吸収させ、発生した熱で毛母細胞にダメージを与えます。毛母細胞は毛の生育を行うため、ダメージを与えることで毛が再生しにくくなります。同じ原理の脱毛方法ですが、使用される装置の出力に違いがあり、これが効果の差に繋がっています。
照射される光は毛根だけでなく、皮膚のメラニン色素にも吸収されるため、皮膚も熱を持ってダメージを受け、加減を間違えれば火傷する危険性もあります。皮膚の状態や強さには個人差がありますが、医療機関であれば診察によって適切な出力に調整できます。また、もしも火傷などのトラブルが起きてしまった場合でもその場ですぐに治療を行えるため、高い出力の装置を使用できます。これにより毛母細胞に高いダメージを与えられ、確実性の高い脱毛を行えます。なお、この装置は医師免許が必要になるため、エステでは使用できません。
エステで使用される装置は出力が落ちるので毛母細胞が受けるダメージが小さくなり、脱毛効果も低くなります。皮膚の受けるダメージも小さくなるので痛みも小さくなりますが、脱毛が完了するまでの期間が長くなってしまうデメリットがあります。1回当たりの費用としてはエステの方が安くなりますが、必要な回数が多くなるため、総額ではエステの方が高くなってしまうケースもあります。
また、エステの脱毛でも十分に効果はありますが、完全には毛の再生を抑えられず、いつまでも毛が生えてきてしまうこともあります。毛の本数は少なくなり、細くなるため目立たなくなります。しかし、少しでも毛の再生が続くのでは満足できず、完全に再生を抑えたい場合には医療機関で脱毛を行った方が良いでしょう。

VIO脱毛を受けたいけど恥ずかしい。どうしたらいいの?

VIOの脱毛をしたいと思っている人はたくさんいらっしゃいますが、デリケートな部分なので人に見られるのが恥ずかしくて、施術を受けるのを躊躇っている方は少なくありません。確かに脱毛サロンのスタッフに見られながらVIO脱毛をされるのは恥ずかしいものですが、スタッフは経験豊富なプロで一日何人ものデリケートゾーンのムダ毛の処理を行っているので、仕事に専念しているだけで何も気にしていません。また個室で施術を受けることができるので周囲の目が全く気にならず、何度か通ううちにすぐ慣れることが多いようです。
実際のところ、デリケートゾーンを隠すために紙でできた専用ショーツをはくのが一般的になっているので、脱毛をしてくれるスタッフにデリケートゾーンが丸見えなる心配はありません。
おへその下部に位置するアンダーヘア、Vラインの施術は、ベッドの上に仰向けの格好で寝ることが多いです。片脚を上げて横にずらすようにし、紙のショーツをはくかタオルを腰から巻いておいて施術を行うスタッフだけにその部分が見えるように少しずつずらしていくので、下腹部が丸見えになることはありません。
Iラインの脱毛も、施術時には紙のショーツをはいたりタオルを巻いて身体を隠したまま基本的には脚をずらしながら行います。ですから、見せたくない部分はほとんど見られることはありません。
お尻の穴の周囲の丸いライン、Oラインの脱毛はうつぶせの状態で行います。スタッフ二人で施術を行い、一人がお尻の周囲の皮膚を広げながら、もう一人が脱毛を行うといったやり方となります。お尻の穴を見られてしまうので恥ずかしいと感じる人もいますが、慣れればそれほどストレスは感じなくなります。最初は恥ずかしいと感じていても、思い切ってやってみれば思っているよりもずっと精神的な負担が少ないことが分かります。