医療脱毛と光脱毛はなぜ効果に差があるの?

医療機関とエステで行われる脱毛はいずれも光を照射してメラニン色素が多く含まれている毛根に光を吸収させ、発生した熱で毛母細胞にダメージを与えます。毛母細胞は毛の生育を行うため、ダメージを与えることで毛が再生しにくくなります。同じ原理の脱毛方法ですが、使用される装置の出力に違いがあり、これが効果の差に繋がっています。
照射される光は毛根だけでなく、皮膚のメラニン色素にも吸収されるため、皮膚も熱を持ってダメージを受け、加減を間違えれば火傷する危険性もあります。皮膚の状態や強さには個人差がありますが、医療機関であれば診察によって適切な出力に調整できます。また、もしも火傷などのトラブルが起きてしまった場合でもその場ですぐに治療を行えるため、高い出力の装置を使用できます。これにより毛母細胞に高いダメージを与えられ、確実性の高い脱毛を行えます。なお、この装置は医師免許が必要になるため、エステでは使用できません。
エステで使用される装置は出力が落ちるので毛母細胞が受けるダメージが小さくなり、脱毛効果も低くなります。皮膚の受けるダメージも小さくなるので痛みも小さくなりますが、脱毛が完了するまでの期間が長くなってしまうデメリットがあります。1回当たりの費用としてはエステの方が安くなりますが、必要な回数が多くなるため、総額ではエステの方が高くなってしまうケースもあります。
また、エステの脱毛でも十分に効果はありますが、完全には毛の再生を抑えられず、いつまでも毛が生えてきてしまうこともあります。毛の本数は少なくなり、細くなるため目立たなくなります。しかし、少しでも毛の再生が続くのでは満足できず、完全に再生を抑えたい場合には医療機関で脱毛を行った方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です