VIO脱毛を受けたいけど恥ずかしい。どうしたらいいの?

VIOの脱毛をしたいと思っている人はたくさんいらっしゃいますが、デリケートな部分なので人に見られるのが恥ずかしくて、施術を受けるのを躊躇っている方は少なくありません。確かに脱毛サロンのスタッフに見られながらVIO脱毛をされるのは恥ずかしいものですが、スタッフは経験豊富なプロで一日何人ものデリケートゾーンのムダ毛の処理を行っているので、仕事に専念しているだけで何も気にしていません。また個室で施術を受けることができるので周囲の目が全く気にならず、何度か通ううちにすぐ慣れることが多いようです。
実際のところ、デリケートゾーンを隠すために紙でできた専用ショーツをはくのが一般的になっているので、脱毛をしてくれるスタッフにデリケートゾーンが丸見えなる心配はありません。
おへその下部に位置するアンダーヘア、Vラインの施術は、ベッドの上に仰向けの格好で寝ることが多いです。片脚を上げて横にずらすようにし、紙のショーツをはくかタオルを腰から巻いておいて施術を行うスタッフだけにその部分が見えるように少しずつずらしていくので、下腹部が丸見えになることはありません。
Iラインの脱毛も、施術時には紙のショーツをはいたりタオルを巻いて身体を隠したまま基本的には脚をずらしながら行います。ですから、見せたくない部分はほとんど見られることはありません。
お尻の穴の周囲の丸いライン、Oラインの脱毛はうつぶせの状態で行います。スタッフ二人で施術を行い、一人がお尻の周囲の皮膚を広げながら、もう一人が脱毛を行うといったやり方となります。お尻の穴を見られてしまうので恥ずかしいと感じる人もいますが、慣れればそれほどストレスは感じなくなります。最初は恥ずかしいと感じていても、思い切ってやってみれば思っているよりもずっと精神的な負担が少ないことが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です